白蓮庵のブログ

信貴山大本山千手院 佐波道場 白蓮庵 くぅチャン♪るぅチャン♪との生活や大自然のお楽しみや、お詣りしたりIF愉快な仲間たち。

自然界の空気清浄機

今年も、拙庵の庭にホウバの新芽が出た。

 

よく長野や岐阜あたりに行くと、ホウバ寿司や、ホウバ味噌など楽しませて頂ける。

これは私が思うことですが、昔の方は自然界のパワーを自分に取り込む方法を、よくご存知だったと思います。

 

私の知るかぎり、滞った濁りのある空気を浄化してくれるのが半端ない!

だから切り花の一部として、部屋に置くだけで空気清浄機となります。

たぶん、これでウイルスや粉塵は浄化できないけど、何かを吸着している感じ。

 

長野や岐阜の方が羨ましいです。

この両県の特産ということは、これはやぱり、御嶽山なんかの行者さんが発端かしらね。

 

 

f:id:byakuren-an:20220520053415j:image

めちゃお久し振りにホームの滝へ

ここは私が幼少期から、暇があると登ってる滝です。

俗に言う、鍵っ子だったから、滝でツララを欠いて遊んだり、日向ぼっこして動かない蛇を飛び越え遊んだり、裏山で迷子になって、苔が出来る処を見てたり、悪ガキって言うより自然界に密着した悪童だったと思います。

 

小学生だった時だと思うのですが、その時の友人と2人で健康サンダルのまま滝まで登り、いつもは滝までなのに、その日は何故かその先まで行ってみたくなり、岩場を登った。

案の定すぐに、身動き出来なくなり降りるまでに、相当な恐怖体験をすることになった。

 

まぁ、あれ以来、高いところは好きでも帰り道のある屋根位までにするようになりました。

もっとも今は体重制限で、いろいろな制限が付いて回る。

ちょっと細い道なんか、通り抜けられても大概、下っ腹が汚れて胸は汚れてない。

なるほど重力の授業のようです。

 

今日は急遽のお誘いでしたので、庵のグループラインで募集しましたが、3人がお付き合いくださいました!

 

一人でじっくりの登山もいいけど、同行する人がいるのも善いですね。

4人で不動巡拝次第、佛頂尊勝陀羅尼、各尊真言をお唱えし拙いながらに法楽をあげさせて頂きました。

 

私はその後、加行進捗を報告する意味で、私は別に理趣分をお唱えさせて頂きました。

少しは喜んでくださったかしら♪

私の成長を喜んでくださるはず♪

 

まぁ、ずっと一人で約25年も自然界のファンタジーワールドで修行してきたから、人間の先生がいるって、何をしたら善いか口で教えて頂けるから、不安を持たず、カマワレテルのか、オチョクラレテルのか、真実なのか考えず、ハッキリと信じることが出来るから、本当にありがたいことなのだと、ファンタジーワールドの皆に今までの感謝と現状の報告を致しました!

 

 

今までも幸せでしたが、今が人生一番最高に幸せです♡

でも、満つれば欠く。気を引き締めてご修行頑張ります!

 


f:id:byakuren-an:20220519153052j:image


f:id:byakuren-an:20220519153624j:image


f:id:byakuren-an:20220519153635j:image

奇跡を起こし続けるには【あ】

私は未熟な修行者なので、間違った考えかもしれない。

 

でも、経験上、言うなれば肌で感じた?いやいや。

全身の毛穴で感じたことを少しお話したい。

 

どんなにスゴい霊山や、霊場にお連れしても、どんな奇跡を起こせる先生方にお繋げしても、拝んでもらって終わり、は絶対に無い。

ハッキリ言えば、それは道のポイントを切り替えてもらう作業のようなもの。

 

本当に道を照らせる方に観てもらえたアドバイスが『今までの生活を一変しなさい』と言われたら全く生活を変える努力をする。

 

写経しろ。と言われたなら、それを手を抜かず、切り替えて頂いた道から漏れず、元の道に戻りたくないなら続ける。

しかも道を変えて頂いた報恩の念を込めて、私なら更に数を増やす位やるよ。

 

お経を読めと言われたら、何があっても最低限のものは欠かさず、これで足りた。は、有り得ない。

 

どんなスゴい先生方に拝んでもいただいても、変えて頂いた道を継続させるのは自分。

 

学校の授業を受けて学んだら安心?

授業数回受けたら天才?

天地をひっくり返すような天才になれるのだろうか?

その先生がずっと人生ついて歩いてくれる?

ないよね。

 

例えば海の潮の流れの早いところで、溺れそうになっているとしよう。

やっと助けの浮き輪が、手の届く所に投げられたとしよう。

それを掴み続けて、場合によっては、よじ登り、その浮き輪をくぐって身体に巻き付けたとしても、そこはまだ海の中。

 

本当に安心出来るまで、手を抜かず掴み続けて、本当に安心出来る処まで自分で泳がなければならないと私は思います。

 

 

時に、例えば私の師僧が毎日無事を祈ってくれていようと、泳ぐのは自分だと思います。

 

生意気なようですが、私が写経が必要、と言ったなら残念ですがそれが必要なのです。

少なくとも私は毛穴でそう思ったことを信じている。

うちの雪ちゃん、弓さんも応援してくれてるよ。

 

般若心経の写経が難しいなら、毘沙門天王様の真言を写経したっていい。

極端な事を言えば、【あ】を100万回書いたって良い。心を込めて書くなら、【あ】でよろしいと思う。

色々考えてしまう人が参考に読まれているとしたなら、もう少し掘り下げて。

私は梵字の【あ】でも、ひらがなの【あ】でも、カタカナの【ア】でも、極論【A】でも善いと思うよ。心を込めているなら。

 

それが、その時、あなたに出来る精一杯であるなら、私の知る毘沙門天王様は絶対に聞いてくださる。

少なくとも信貴山千手院護摩堂にいる毘沙門天王様と空鉢護法善神様は聞いてくださる。

私はそう信じている。

 

でも少しでも手を抜いたり、少しでも泳ぐことを怠ければ、あっさりと御試しを更にかけて、鍛え直してくださる。

これは本当にキツイ御試しだ。

私は舞い上がっては御試し、舞い上がっては御試しの繰り返しで今日まで生かせて頂いている。

でもこういう試練のひとつひとつが私の今世の修行なのだと、更に精進努力させて頂けると最近は思えるようになった。

素直にそういう心境になるまで25年位かかりましたけど。

 

アドバイザーとなった方から観えた『必要なもの』は、必要なのです。

アドバイス理想通りに出来なくとも、それが本当に心からの精一杯であるなら、見放さないのが毘沙門天王様でもあります。

ムカシヤンチャシテタカラネェタショウノシッパイハソウテイナイニンゲンナンテシッパイゾクダメモクダ

 

本来、任意で安心に包まれた信仰であるべきだ、と私も思います。

しかし切羽詰まった御試しの最中にあり、少しでもその試練を乗り越えたいと思うならアホでバカな位、真剣に神佛におすがりし、全身全霊かけて、報恩を忘れてはならない。

 

とりあえず、

【おんべいしらまんだやそわか】

を100万回唱える処から再スタートをご提案します。

気が遠くなると失敗するので、先ずは1万回で、終わったらご褒美ランチにでも行って、ご褒美しながらお進めください!

 

応援しています。


f:id:byakuren-an:20220518053325j:image

 

 

 

 

恐縮で痩せ細りそうです(´・ω・`; )

一人立ち。

本当に正直に言えば、そんなそんな恐縮通り越して、恐怖です。

 

たまたま願海様の御札を頂いたことから、境稲荷に繋がり、尊勝大明神様からのご褒美として賜ったものの、実力も知識も技術も笑いもボキャブラリーも底辺の底辺。

でも、手違いだとしてももう看板頂いたのですから、少しでも毘沙門天王様の誓願功徳を人々に分かりやすくお伝えし、精進しお仕えすることを誓います。

 

あのあのーちょっぴり言い訳させて頂きたいことがございます。

たまたま、今までご縁繋がりした方々が滝への登山や写経や読経を、同行希望していただけただけのことです。

本山へのお詣りは、そもそも信貴山と言う毘沙門天王様初出現の霊山であり、ご加護を希望される方々の道案内とお取り次ぎをしまだけです。そこに伺った人だけが結べる毘沙門天王様、空鉢護法善神様の愛情を頂戴しに、ご案内させて頂けることが私の幸せであっただけのことです。

 

でも、先日の許可証を頂いた時、看板の届いた報告をした今も、尊敬する羽田先生に激励のブログを書いて頂けたことが、何よりのご褒美だと思っています。

『師匠とは親以上と思わなければ持つものではない』確かにその通りだと思います。

産みの父が田中先生、育ての親が羽田先生、ちょっと反抗期な優秀な兄もいますが、皆さんにあたたかく、時に厳しく御指導頂けている今が本当に人生で一番のハッピーです♪

 

種をまいて頂いたばかりの未熟な道場ですが、なるべく早く一般の方々がお詣りできる道場となれるよう、更に精進努力致します。

 

それまでの間は現在有縁の方々で行っているLINEでの告知を、こちらでも行い滝への登山ご案内や、参拝の募集などを通じ、新たなご縁が結べますよう、取り急ぎのご報告とさせて頂きます。

(私の所は軽い15分~30分程度歩く超初心者が登れる山で、かつその昔修験道の方々がご修行積まれた所での課外読経会がメインの活動です。特に信仰を切り替えることもなく、自身の経本を持参して頂き、ピクニック程度の登山に無人大自然の中、誰に遠慮する事もなく読経という発声を加えることで、ストレス軽減に繋げる事が目的の修練道場です)


f:id:byakuren-an:20220517063009j:image


f:id:byakuren-an:20220517063102j:image

ありがとうございました。

毘沙門天王様のお招き?

毘沙門天王様のお使いするって本当にあるんだな。
と言う体験(笑)


前々から『佛道修行したらいい。そのうち信貴山行こうね。毘沙門天王様と相性善いと思うよ。』
とお話?スカウトしていたお客様がいたのですが、土曜日の午後、本人突然思いたったとのことで、電話があり
『今、信貴山に行きたくなっちゃったから向かってます。着くのは夜中みたいです』との事でした。

 

朝イチ大般若を受けられるよう、お取り次ぎしたりしたが、一人初めて行く信貴山の夜中の空鉢さん詣りは、迷子になっちゃったらしく、まぁそりゃそうだ。みたいな結果。


どうやら滞在時間にあまり余裕がなかったらしく、数時間でとんぼ返りだったらしい。

 

しかし、しっかりと、私の師僧とも会話し、『白蓮庵の看板書けてるから悠眞に持って帰ってね』と渡されたらしい。
あの番組のテーマソングが聞こえてきそうだ。

( *´艸`)ハジメテノオツカイ♪

 

まだ伺ったこともない方でも、毘沙門天王様が、遠く群馬からお招きし、佛道修行場の種である、庵の看板を預かってくるとは、彼は目覚めればヒョッとするかもしれない。と思ってしまう。(笑)

若い男の子だし、誰か鍛えてくれたらいいのにね。

もちろん本人の気持ちが整うまでは傍観するしかないけど。


無信心になってゆく日本人が増える中、若いうちに目覚める人はほとんど居ない昨今。

目覚めないまま娑婆を後にして、あちらでのご修行が宿題の山積みってことも。

一人でも多くの方が、目覚めのキッカケ、心の拠り所となる庵となれるよう、なるべく早くに一般の方もお詣りできるよう、精進いたします。


f:id:byakuren-an:20220516000506j:image

久しぶりの書写

久しぶりに真言を念じながら墨をすり、書写してます。

胡麻油煙の墨を湯殿山のオアカを極少量、高野山の井戸水ですります。

今日はオアカではなく、特別な書写なので、丑年の丑の日に可愛らしい巫女さんに汲んで頂いた、湯殿山御神湯を入れてみました!

 

 

今日もぴったり3時に起こしてくれる。

どういう訳か、最近目覚まし無くても3時に起こしてもらってる。

 

寅年の寅の時刻からご修行出来るこの幸せを。

本当に私は幸せです。

ありがたいことです。


f:id:byakuren-an:20220515053233j:image


f:id:byakuren-an:20220515053242j:image

ハッピーと言うこと。

修行出来ることは本当にありがたいことです。

楽しいことが起きることも、それが続くことも更に幸せです。

 

今は人生で一番ハッピーです♪

今日は善い夢が見られそうです。

 

ありがとうございました。

f:id:byakuren-an:20220514214046j:image