白蓮庵のブログ

オババ新米行者のヘッポコ日記。信貴山真言宗 大本山千手院 佐波道場 白蓮庵 悠眞 I Love毘沙門天王様♡ 白蛇くぅチャン♪るぅチャン♪との生活や大自然との共生、お詣り報告やファンタジーワールドIF愉快な仲間たちとの修行体験記。

路先案内人は名探偵コナン似

この話は医療者や介護者の中では有名な話らしい。

 

一般的に言われる❮死神❯とか❮路先案内人❯は黒いマントを羽織った、大きなカマを持った骸骨さんが来るのは、海外の話であって、日本の担当は❮名探偵コナン❯に似ている男の子らしい。

 

確かに毎週毎週殺人現場に立ち会い続けるコナンは死神かもしれない。

でも、漫画やアニメの中の死神加減からコナン説が出ている訳ではないと思う。

 

 

ここからは実体験のお話。

 

#1

まだ病院でも働き夜勤していた頃の話。

20年くらい前の昔話です。

しかも、退職する直前だったから、その後は確認していない話。

 

患『入口に立っている男を何とかしてください』

私〖あれ、見たこと無い人、新しく入院した人かな?〗

患『毎日いるのよ』

私〖毎日いるなら大丈夫ですよ〗

患『そうね』

私〖早く寝ましょう〗

 

そうして振り向くと、その人はいませんでしたが、コナンって言うより工藤新一でしたね。

 

 

#2

老人施設でチョロチョロする孫

老『さっき来てた子供は誰のお孫さん?』

私〖子供は来てませんよ?〗

老『小学生くらいの男の子来てたでしょ?』

私〖私は会いませんでした。隣の部屋のお客様かしらね〗

その方は転居されて間も無く亡くなったようですが、高齢ですから天寿まっとうだったのでしょう。

 

 

#3

入口に立つ男の子

老『さっきずっと入口にたっていた男の子はあなたのお子さん?』

私〖うちの子供は高校生ですよ、今日学校だと思います〗

老『じゃ○○さんの子供?』

私〖子供は見てないなぁ、どこの子供ですかね〗

老『入学式みたいな格好してたわよ』

私〖小学校の入学?〗

老『そうよ』

その方は数日後調子を崩され病院に入院となり、天寿をまっとうされたそうです。

 

#2 #3 みたいな話は定期的に、しかも続く時は連続して毎日のように聞く話です。

確かに認知症のある方々ですから、勘違いだったとしても仕方ないかもしれませんが、私はこの話はキライじゃありません。

 

慎ましやかで上品な、怖がらせないようにと配慮された姿で登場する❮死神❯。

いかにも日本らしい死神で優しさを感じます。

死神と言うより路先案内人ですね。

 

その話をまわりにすると、ナースあるあるだと教えて頂け、ネット検索すると日本各地でも言われてる普通の話らしいので、ホッコリしました。

 

日本担当の路先案内人はコナン君に似てる礼儀正しい、男の子なのだとしたら、ちょっと嬉しいです。

やっぱ怖いカマとか持ってる骸骨より良いよね。

 

明け方からこんな事ばかり考えていて、ボーっとしてますが、仕事せねば。


f:id:byakuren-an:20221205071005j:image

画像は小学館スクリーンショット

 

川見ながらのテラス席

群馬の名物おっきりこみ。

 

素朴でどこか懐かしい味がする。

 

清流のせせらぎを聴きながら、寒くもなく暑くもない晴天での田舎路。

 


f:id:byakuren-an:20221205031940j:image


f:id:byakuren-an:20221205032000j:image


f:id:byakuren-an:20221205032023j:image

川沿に集落があり、昔ながらの家並みが立ち並び、どこか懐かしいノスタルジックなタイムスリップをしたようでした。

和菓子屋さんもどこか懐かしいお菓子が買えました。

 

 

お稲荷様喜んでくれたよね。

先日の鑑定でお話させて頂いたお稲荷様。

❮最近手に入れた土地に御社には小さく、祠にしては大きな、小さな神社みたいなのがあるけど放置されていて、何かの死骸が気になるみたい。不浄を清めて欲しいみたい❯

からの、お手伝いに伺いました。


f:id:byakuren-an:20221204183422j:image

苔むした感じが年代を感じさせます。
f:id:byakuren-an:20221204183442j:image

想像以上に獣道での山登り。


f:id:byakuren-an:20221204183558j:image

くっつき草(このあたりではバカ草と言う)に1000個くらい、くっつかれながらの登山!

獣道で道を見失いながらの登山で面白い!

山登りの途中見晴らしがヤバいね。

山だよ。山。
f:id:byakuren-an:20221204183339j:image

いらっしゃった奥様は、これ、あるの知らなかったそうですが、ご主人様は心当たりがあっての御依頼を頂きました。

 

どうやら譲り受けた時から、今日がちょうど10年の奇跡なんですって!

もう呼んで頂いたのですね。

10年前の今日、この御山をお譲りされたまま、ずっと放置で初めてのお詣りとなったのだそうです。

 

でも、お稲荷様は怒ってる気配もなければ、御祠の周りだけ、草も生えずガッツリ結界になってるみたいだし、伺ったらかなり喜んでくださったみたいで、平和でした。

待っててくださったのですね。

 

お眷属様をお風呂したり、祠のお掃除をしていたら祠中の幣束の処に大きな蜘蛛の死骸がありました。

お掃除終わって御供あげて、拙い法楽で申し訳ないけど、皆さんで色々お唱えしてまいりました。

このあとは、祠中にあった木札を出した神社さんに幣束や、注連縄などをお頼みすることをオススメさせて頂きました。

ただ、明治33年とか昭和40年くらいの木札だから宮司さんとか、今もいるのかビミョーね。

過疎地域でこの辺りは無料で家をくれるらしい。

 

 

賑やかが大好きみたいなお稲荷様なので、たまには御家族やご友人で弁当持ってピクニックに、山登りして頂く事になりましてお開きとなりました。


f:id:byakuren-an:20221204184024j:image

お手伝いに来てくださった修行者さんも、お疲れ様でした&ありがとうございました。


f:id:byakuren-an:20221204192926j:image

私の足元拡大してみてよ~超草がくっついてる。

 

このクズぅ

クズはクズでも幸せのクズ。

ダメ人間のクズではありません。

 

ただ色が違うだけじゃなくて、ひとつひとつ味が違うの。

夏に出羽三山土産で求めて来ましたが、勿体無くてお地蔵様にずっと御供してあり、いよいよ賞味期限が近づいたので御下がりさせてもらいました!

 

いろいろな善い香りで幸せ~♡

 

可愛いだけじゃない。

美味しいだけじゃなくて、両方ですよ。

 

幸せのクズでした~♡


f:id:byakuren-an:20221203192948j:image

f:id:byakuren-an:20221203193009j:image
f:id:byakuren-an:20221203193021j:image

今日は毘沙門天王様の御縁日です。

今日は御縁日の三日に加え12月初寅日です。

 

あまりオススメしませんが、ジャンボ宝くじ買うなら今日でしょうね。

世のため人のためにもなる使い道をするなら、舞い降りるかもしれませんよ~♪

 

 

信貴山毘沙門天王様ファミリーは家庭の平和を護ることをはじめ、昔、夜叉の大将と言うヤンチャ加減だったからこそ、今は平和と安寧を護ってくださる佛様です。

不安や緊張する時は、毘沙門天王様のご真言をファミリーセットでお唱えすると、宜しくやってくれます。

 

『おん べいしらまんだや そわか』

『おん まかしりやえい そわか』

『おん ぜんにしえい そわか』


f:id:byakuren-an:20221203092650j:image

抜きん出たものも何人もおるしなぁ。

夢なのかイマジネーションなのか、はっきりしない午前4時。

 

先日提案していただいた❮バカでもわかる佛様についての勉強会❯の原案を数日作っていたからかな?

勉強会の事が気になる。

 

お経のおの字も、極端な話、四字熟語すら読まなかったような人も、今は短くとも毎日の勤行を欠かさない人ようになった人も、まぁまぁ います。

ちょっとホッとしたねぇ。と思うと、私の自行を圧倒的に越えているであろう数人の顔が浮かぶ。

いやいや、想像してなかった人の顔も浮かぶ。

『抜きん出たものも何人もおるしなぁ。』

誰かがボソッっと呟く。

 

あ~。

私の一番好きな言葉は

❮青は藍より出でて藍より青し❯ですよ。

 

どんどん、学びを深めて素晴らしい先生に御縁が繋がれれば最高。

私は入口のキッカケになれれば本望です。

どんどん進んで欲しいです。

佛法聞きがたし、今学べる処にたどり着いたなら、欲をかいて学べ。

遠慮せずに手を伸ばせ。

引き上げて貰えるなら手を放すな。

 

そう思います。

 

やっぱ最初のテーマは❮佛様に向き合う時の心得❯と❮六道輪廻❯にしよう。


f:id:byakuren-an:20221202044926j:image